1. HOME>
  2. 旅行

 

 

旅行について

CASE1:二人も良いけど、ぜひ「一人旅」を!

一人旅

「一人旅」をしておけばよかった・・と、思っています。もちろん彼が組んでくれる旅行はとてもウレシイです。 でもやはり、譲るところは譲らないと・・彼の希望を優先しますから・・こちらの希望を入れてもらっても・・ 彼がなんだかつまらないみたいでは、私もつまらなくなります。あ〜〜おもいっきり自分勝手な「一人旅」をしておけばよかった・・と、思っています。

もちろん、今がイヤというわけではないのです。今は自分の想いを100パーセント出してはいないな〜と・・二人で暮らしていくのですから、 少しづつ譲り合うのは当たり前のことです。少しずつ希望を摺り合わせながら、日々暮らしていくのが新鮮でもあり、楽しくもあります。 でも時にはこちらの想いを100パーセント通したい!と、思うこともあるのです。

この小さな不満が大きく育っていかないようにうまくコントロールしていますが・・でも時には思うのです。 ”一人の時に〇〇へ一人旅したっけ””お土産に○○を買ってきたっけ〜”と思えたら・・でも、その時の一人より、 彼と一緒の今のほうがずっと良い!と確認できるだろうにと・・思ってしまうのです。悔いのないように100パーセントわがままな自分だけの旅を!

 

CASE2:独身勢よ、今こそより多くの旅行と読書をしておきなさい

読書

結婚前に、もっと旅行と読書をしておくんだった…と心から後悔しています。 ただの同棲と結婚が異なる点、私が考えるにそれは義務が発生するということです。相手によるとは思いますが、大抵お財布はどちらかが握るので、 お金も休暇の使い方も、いちいち相手へのホウレンソウ(報告・連絡・相談)が必要になってきます。 独身の時のように、すべてが自分主導で決められるものではなくなってくるのです。

私は結婚前にもっと旅行しておけばよかったと後悔しています。 国内、海外、長期の休暇に好きなところへ好きなだけ行けばよかった。 結婚したら一人旅なんて絶対にできません。よっぽど干渉のない夫婦か、離婚を覚悟で行くなら別ですが。 一人旅はいろんな人たちとの触れ合いがあり、それこそ食べたい時に食べたいものを、やりたい時にやりたいことができます。 まさに自由を謳歌するとはこのことです。より多くのこういった満足できる時間があれば、結婚後に多少拘束や義務が増えても耐えられます。 むしろそういう環境を楽しめると思います。

読書に関しては、若くて時間のある時、より多くの優れた作品に触れることで、見識を深めることができるから。 それが血となり肉となり、結婚生活にきっといい影響をもたらすから。だから是非、独身の方々には結婚前にこのふたつを実践してもらいたいのです。

婚活中の方には、素敵な人が現れた時に、こういった経験がキッカケとして必ず役に立つと思いますよ!

 

CASE3:海外「留学」にこだわって海外「旅行」にも行けず後悔

海外

私が結婚する前にしておけばよかったと後悔していることは、海外旅行です。学生時代から海外留学したいという思いが強く、 海外へ行くなら短期間の旅行ではなく、半年や一年といった長期での留学がしたいと常々思っていました。 そのために友達から海外旅行へ行こうと誘われても、まず最初の海外行きは「留学」だと決めていたので、全て断っていました。

留学資金を貯めるために、バイトや仕事を一生懸命頑張って、目標金額まで貯めることができました。資金も貯まったので、いざ留学しようと思うと、 仕事が忙しく辞められる状況でなかったことと、その後にすぐ結婚することになり、結局留学はできませんでした。 それならば、新婚旅行で海外へ行けばいい、と考えたのですが、結婚した旦那さんが高所恐怖症で、飛行機に乗れないということが後で分かったのです。

留学にこだわっていたために、旅行すら行く機会もないまま独身時代を終えてしまいました。その後子供が生まれて、 ますます旅行へは行けなくなってしまいました。結婚すると自分の思いだけでは、自由に旅行することもできません。

これから結婚する方にはぜひ、自分が本当にしたいと思っていることはやり終えてから結婚してほしいと思います。 婚活中には結婚がゴールのように感じて焦る気持ちも出てくると思うのですが、結婚してからのほうが過ごす時間は長いのです。 自分のやりたいことを済ましてからでも遅くはありませんよ。